仮想通貨とは|ブロックチェーン開発はJVCIへ

menu
一般社団法人 日本仮想通貨総合研究所
Japan Virtual Currency Research Institute
ページのトップへ戻る
仮想通貨とは/暗号通貨とは
ABOUT VIRTUAL CURRENCY
仮想通貨とは/暗号通貨とは ABOUT VIRTUAL CURRENCY
仮想通貨とは、インターネットを介して取引できるデータ型の通貨のことです。
データ型の通貨は、貨幣や金貨・硬貨など、実体のある通貨にくらべて、モノとしての実体が無いため、「デジタルコイン」「デジタルカレンシー」「デジタル通貨」「バーチャルコイン」「バーチャルカレンシー」「仮想通貨」「暗号通貨」など、様々な呼称で呼ばれていますが、すべて広義の意味で電子マネーに該当します。
また、ネット上だけで取引される、という意味では、特定のゲームやサイト内のみで使えるコインやポイントサービスなども電子マネーに該当しそうですが、最初から「通貨」としての利用目的に絞って設計されているという点において、それらのものとは明確に区別して「仮想通貨」または「暗号通貨」と呼ばれています。
海外では「暗号通貨」と呼ばれることが多いのですが、「暗号」という言葉が日本語では暗いイメージにつながるため、当研究所では同じものとして「仮想通貨」と統一して呼称しています。
では、他の電子マネーと仮想通貨は何が違うのでしょうか?
その違いは大きく分けて3つあります。
違い・その1 仮想通貨は不特定多数のサイトで物品やサービスの対価に使用できる
違い・その2 仮想通貨は取引所を介して円やドル・ユーロなどの通貨と交換できる
違い・その3 基軸通貨(ドルや円など)と同様に信用度によってレート(相場)が変動する
そして、既存の通貨では成し得なかった決定的な特徴が2つあります。
特徴1 国や銀行などの中央機関によって管理されない通貨である
特徴2 その信用性は利用者によって担保され、改ざん不可能な取引データによって保たれる
この2つの特徴により、革命的な通貨として世界中の脚光を浴び、また、改ざん不可能な「取引データ保全技術*」もIT業界や金融業界で高い評価を受けています。
この*ブロックチェーンシステムは「仮想通貨」由来のものなのです。
仮想通貨の仕組み MECHANISM OF VIRTUAL CURRENCY
仮想通貨の仕組みはいたって簡単です!
仮想通貨取引所にアカウントを登録し、あとはネットバンクのようにパソコンの画面上で取り引きを行うだけです。
では、どのような取引所があるのでしょうか?
仮想通貨取引所
仮想通貨取引所は世界中で数多く開設されていますが、初心者の方は、やはり日本語で表示されているサイトのほうが安全で使いやすいので、日本で運営されている取引所を利用するのがいいでしょう。
現在、日本で運営されている主な取引所には、
bitFlyer ・bitbank ・BTCBOX ・coincheck ・Zaif ・Kraken(米) ・QUOINEX ・Lemuria
BITPoint
などがあります。
取引機能は似たようなものですが、取り扱っている仮想通貨の種類や付随するサービスなどに違いがあるようです。
詳しくは「主な国内仮想通貨取引所」ページをご覧ください。
ついでなので、海外の主な仮想通貨取引所も挙げておきます。
BitForex  ・BitMEX  ・Binance  ・coincheck  ・Zaif  ・Kraken(米)  ・QUOINEX  ・Lemuria
BITPoint
メールマガジン登録 MAIL MAGAZINE
メールアドレスをご登録いただいた方に、月2回程度、仮想通貨に関する情報をメール配信致します。広告を含まない、有益な情報のみをお送りしますので、この機会にぜひご登録ください。
一般社団法人 日本仮想通貨総合研究所|Copyright © Japan Virtual Currency Research Institute ALL Right Reserved.