仮想通貨技術資料|一般社団法人 日本仮想通貨総合研究所

一般社団法人 日本仮想通貨総合研究所
Japan Virtual Currency Reseach Institute
ページのトップへ戻る
メールマガジン登録 MAIL MAGAZINE
メールアドレスをご登録いただいた方に、月2回程度、仮想通貨に関する情報をメール配信致します。広告を含まない、有益な情報のみをお送りしますので、この機会にぜひご登録ください。
お知らせ INFORMATION
仮想通貨技術資料。
仮想通貨技術資料 TECHNICAL INFORMATION
仮想通貨技術資料
TECHNICAL INFORMATION
暗号化技術による仮想通貨分類 Virtual Currency Classification by Encryption Technology
SHA-256ベース
Scryptベース
CryptoNoteベース
バイトコイン モネロ(monero)
他の Proof of Work
Bitcoin 2.0系
IOU
用語説明 Term Explanation
コンセンサスアルゴリズム
ブロックチェーン技術の基盤である分散ネットワーク(P2P Network)上における、取引履歴を承認する方法・手法のこと。ブロックチェーンの中核技術として開発されました。Proof of Work や Proof of Stake などが有名です。
暗号化形式
通信技術における暗号化は、仮想通貨・暗号通貨以前からコンピューターのあらゆる分野で様々な方式が開発され、使用されてきました。身近なところでは、メールの送受信やWiFi通信でも使用されています。しかし、その形式や方式は利用シーンによりそれぞれ異なり、また、セキュリティの度合いにより、使われるエンジンなどが異なってきます。暗号化データを相互に通信する場合、送り手と受け手で同じ暗号化技術・暗号化形式を使用しないと通信できないことは言うまでもありません。仮想通貨・暗号通貨の分野では、通信するデータに資産価値が生ずることから、特に厳重なセキュリティレベルが要求され、その要求に見合う技術として、ビットコインでは、NSA(アメリカ国家安全保障局)が開発したハッシュ関数「SHA-256」が使われています。その他、イーサリアムでは「Dagger」という暗号化方式が、リップルでは「IOU」という暗号化方式が使われているようですが、「IOU」に関しては暗号化方式というよりコンセンサスアルゴリズムに近い機能であるという見解もあります。(リップルの例で見られるように、まだまだ世間ではコンセンサスアルゴリズムと暗号化方式がはっきり区別されていない現状のようです。)暗号化方式に関しては、他のアルトコインによって様々な方式が使われており、当サイトでも分類を進めている最中です。とりあえず、一般の方の認識としては「取引承認のやり方がコンセンサスアルゴリズム」「データの中身を隠すのが暗号化方式」と区別しておけば間違いないでしょう。
一般社団法人 日本仮想通貨総合研究所|Copyright © Japan Virtual Currency Reseach Institute ALL Right Reserved.